アメトラについて

2015-10-01

秋晴れの候

毎度格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

楽しいシルバーウィークも終わり秋本番といった所でしょうか。

先日、お客様からアメトラってなんですか?

という質問を受けました。

確かに20代~40代の方はあまりご存じの方が

少ないと思います。近年、一部のブランドや雑誌で

トラッド回帰など大々的に宣伝していたのを覚えております。

そこで今回の関内店ブログは

「アメリカントラディショナル」について

簡単ではありますがご案内させて頂きます。

 

由来

元々はアメリカ東部のアイビーリーグ(アメリカの名門8大学)

モデルのスーツが始まりのようです。

(アメリカントラディショナルモデルを

 アイビーと呼ぶ方もいらっしゃいます)

アメリカ西部では別の服装が伝統的であり、

アメリカ全体を象徴するスタイルではないようです。

 

ジャケット

前ダーツが無く(ウエストの絞りが少ない)、肩パッドも

ナチュラルショルダー(袖付けの出っ張りが少ない、

全体的に丸いイメージのジャケット。I型との表現もあり)が

基本のシルエットになります。

フロント釦は3釦段返りが基本です。

一番上の釦は留めず、段返りに関しては、

一番上のボタンホールは表、裏が逆になっています。

袖釦は2釦が基本です

関内20151001①

ネクタイは右下がりのレジメンタルが、よりアメリカ的な装いです。

 

ベンツにも特徴があり、センターベントが基本ですが、

鉤型になっているフックベントが特徴です。

関内20151001②

 

パンツ

一般的には、ノータック、脇ポケット縦型、

裾折り返し(カフ)付が基本です。

関内20151001③

 

アメリカントラディショナルに関しては

手前どもの店舗でもこだわりのあるお客様が多く、

逆に教えていただく事も多々ありました。

最近ではご注文の数としては減少傾向にありますが、

オーダースーツの中では外せない型紙の一つではあります。

 

HANABISHIではアメトラ以外にも

いろいろなパターンをご用意しておりますので

オーダースーツに興味がございましたら、

是非、足をお運びくださいますよう

従業員一同心よりお待ち申し上げております。

ありがとうございました。

 

花菱縫製㈱関内店

阿部 勝義

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

« | TOPページ | »