2016年1月

チェックの豆知識

2016-01-29

寒冷の候

毎度格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

先週は、関東全域で積雪が観測され、遅ればせながら

冬到来の印象を受けました。

さて、近年、ビジネスシーンでのカジュアル傾向が進み、弊社でもジャケットやパンツ、セットアップで使えるスーツの需要が年々高まっております。

チェック柄、格子柄をご購入いただくお客様も以前に比べると多数見受けられる様になりました。

職種や会社の風土などでまだまだお召しになるのが難しい職場もあると思われますが今までのスーツにマンネリを感じている方や新しい自分を見つけたい方へ

弊社で取扱いしている一般的な3つの柄と由来を掲載致しました。

ぜひご覧くださいますようお願い申し上げます。

 

グレンチェック

関内20160126①

由来を調べると複数の説がヒットするが、スコットランドのグレンアーカート渓谷一帯で織られていた柄であり、語源として一番有力だと思われる。

その後、アパレル業界では有名なウィンザー公が好んで着ていたことにより世界中に広まったと言われている。

 

ウィンドーペーン

関内20160126②

名前の通り窓枠(Window Pane)が語源で英国の代表的な柄の一種である。

一時期見かけなくなったが、ここ数年復調の兆しがあり、ファッション誌などでも多く見かけるようになりご注文も年々増えている。

 

ガンクラブチェック

関内20160126③

1874年Americaの狩猟クラブが結成時にユニフォームとして採用したのが由来と言われている。

上の2点に比べると若干カジュアルよりである為、ベスト(ジレ)だけのご注文も多く見受けられる。

 

Coordinate

柄の主張が強いものが多い為、無地のシャツやネクタイを合わせる事により比較的に安易にコーディネートが出来ると思います。

Set up

ジャケットがチェックの場合、綿のパンツやデニムと合わせると印象が軽くなり、ウールのパンツなどを合わせるとビジネスシーンでも自然にお召しになる事が出来ると思います。

 

上記掲載商品以外にも多数ございますので興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご来店くださいますようお願い申し上げます。

従業員一同心よりお待ち申し上げております。

ありがとうございました。

花菱縫製㈱関内店

阿部 勝義

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コーディネートはこーで・・・

2016-01-12

新年、明けましておめでとうございます。

HANABISHI関内店の黒﨑です。いらっしゃいませ。

皆様は忘新年会に飲みすぎたりしていませんか?

私は忘年会で飲み過ぎてしまいましたが、

ほぼ記憶を無くしていたので何を言われても知りません(笑)

 

さて関内店新年1回目の更新は、

私が今冬仕立てました綿の3ピースについてご案内します。

 

まず全体 ※高速ツッコミによるブレ注意

関内20160112①

シャツも青い花柄で全身青くなりました。メガネも青です。

 

続いてパンツを使ったコーディネート。

関内20160112②

    守りたいこの笑顔。

カーディガンと合わせて軽めに。裾口もロールアップしてカジュアルに。

 

そしてベスト。

関内20160112③

    守りたくないこのドヤ顔。

同じく今回仕立てた茶の綿パンツと合わせ、

さらにブーツをプラスしてちょっと男らしく。

 

最後にジャケット。・・・・・と行きたいのですが、

うっかり画像を消してしまってお見せ出来ません><

ですがジャケットもですが、今回の一式は仕事用としても

普段着としても大活躍しております!

 

このように今年は、揃えのスーツとしてはもちろん、

それぞれのコーディネートを意識した1着を仕立ててみてはいかがでしょうか!

 

もちろん色々とアドバイスさせて頂きますので、お気軽にご相談ください♪

 

本日はありがとうございました。またのご来訪お待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

1 / 11