2011年10月

札幌店です♪お洒落なお客様紹介です。

2011-10-31

いつもお世話になっております。今日もまた札幌店です(笑)

めっきり冷え込んできました。

雪虫が飛んでおります。雪虫って北海道だけなのかな~

ご存知でした?冬の季節の到来を知らせるフェアリー、妖精なのですよ。(笑)

10311saporo

季節の変わり目なので体調の変化に気をつけながら冬を満喫いたしましょう。

札幌も寒くなってきましたのでフラノ生地が少しずつではありますが、

売上を伸ばしてきています。

今回はフラノ素材のスーツを3着も購入していただきました。

いつもお世話になっているお客様を紹介したいと思います。

イル・マーレ代表の 三瓶(さんぺい)様です。

毎回シーズンにはまとめてお仕立ていただいており、非常にお洒落な方で

こちらも勉強させていただいております。

そんな三瓶様ご自慢の3着を紹介したいと思います。

「CANONICO」ブルーグレーパープルストライプ

10312saporo

こんなお洒落なスーツを着こなせるのは三瓶様くらいしかいません!(笑)
ご本人様も「今回は派手すぎて初の失敗作かも・・・」と思っていらっしゃったみたいですが、ご本人様が着用すると自然に馴染んできました。(笑)

随所のこだわりで釦ホールパープル&くるみ釦

10313saporo

 

起毛感のあるSUPER120素材は、まるでカシミアのような質感です。

落ち着いたブルーグレー生地に太めのパープルのラインが映え、派手な中にもどこか落ち着きがあり、シルエットも細身でラペルもピークなので非常にシャープさがでで、さらにスリーピースなので上品さが漂います。

つづいては「ジェンティーレ」ライトグレー フラノ 10314saporo

このスーツは以前札幌店ブログで紹介させていただきましたものです。

型見本をご覧頂き、お気にいっていただいた商品です。

仕様も全く一緒でくるみ釦&アンコンで仕立てていただきました。

10315saporo

非常に軽い仕上がりにご満足していただきました。

そして最後はやっぱり「エルメネジルド ゼニア」ネイビー、ブルーストライプ

10316saporo

10317saporo

起毛素材ですが、非常に美しい光沢と抜群の肌触りです。

ゴージラインの高い細すぎないピークラペルとラインのすっきりしたスリーピース。

重厚感があり存在感のある水牛釦、袖つくりはもちろん本開き。裏地もあえて反対色をつけて個性を演出。

10318saporo

今回もまた、非常に素敵なスーツをご注文いただきありがとうございます。

いつもお洒落にこだわりをもっていただいてるので、ご注文を受ける私自身も楽しくスキルアップさせていただいております。今回はご協力ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

北海道から旬のジャケットスタイルの紹介です♪

2011-10-21

ブログ担当の村山です。

全国ニュースにもなっていると思いますがつい先日このブログでも 紹介した
札幌市を一望できる旭山記念公園なんですが・・・・・・・・。

なんと熊がでました

ビックリです。

熊出没で立ち入り禁止になってしまいました。

今 札幌の中心部や千歳では熊の目撃情報は多数よせられています。
実は私の家の近所でも目撃情報があり、同じマンションの小学生は集団登校、
保護者同伴での登校など今までにない緊迫した空気につつまれております。
原因によるとドングリの不作により山からおりてきたみたいです。
誰も被害なくおとなしく森に帰ってくれる事を祈るばかりです。

ところで最近 お洒落にジャケットを着こなす人達を目にします。
オン オフ両方使いこなせるのが嬉しいですよね。
初めてジャケットを着たいと言うお客様に今回お薦めする生地は

10221

10223

ネイビーの紺ヘリンボーンジャケットです。
オンタイムの時は ライトグレーやベージュ 千鳥格子、ギンガムチェック、
そしてこの時期ではフランネル。

オフタイムの時は コーデュロイやチノパンやワークパンツ 最近ではデニム
をはいてカジュアルダウンする方も見ます。
非常にすっきりと、そして上品さがでてトータルバランスが綺麗に見えます。
スタイルとしては、短めの着丈、絞りは程良い細めのシルエットがお薦め初めて
ジャケットに挑戦される方などはスーツとは違った写り方になり、 ぜひお勧めしたい品です。

そして着慣れてきたら、今度は大柄のジャケットにもぜひ挑戦してください。
コツさえつかまえれば、非常にエレガントな仕上がりになります。

10222

同系のネクタイの着こなしもお洒落ですが、さらに柄と同色系のニットやベスト、
などワンポイント加えるだけで温かみが加わり、自然と馴染みます。
柄はもちろんですが、最近はやりのアンコンジャケットでジャケットスタイルを
気軽にするのも良い思います。

10224

肩パットや芯地など、副資材を一切取り除きまるでカーディガンのような
非常に軽く、 快適な着心地を求めれます。

ぜひ一度、オンからオフまであらゆる着こなしに対応できるのでお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

1 / 212