COLUMN

Column image
女性の本音が気になる!好感度の高い男性のスーツスタイルとは?
女性の本音が気になる!好感度の高い男性のスーツスタイルとは?
女性の本音 見出し画像1

スーツはビジネスシーンにおける男性のユニフォーム。周囲に清々しくて誠実な印象を与えることができれば、それがビジネス上の信頼につながることもありますから、着こなしには自信を持てるようになりたいものです。ついでに女性たちから「カッコいい!」なんて思ってもらえたら嬉しいですよね。男性のスーツスタイルについて、女性はいったいどこを見ているのでしょうか? 女性の本音に迫ります。

スーツ男子がおさえるべき3つのポイントがある
スーツ男子がおさえるべき3つのポイントがある

「スーツ男子は好きですか?」。女性の皆さんにこんな質問をしたところ、実に8割近くの人が「好き」と回答。さらに突っ込んで好感の持てる着こなしを教えてもらいました。すると、とある3つのポイントが浮かび上がりました。

◆ポイント1

清潔感

◎「着くずさずに、清潔感のある着こなしをしてほしい」(22歳/食品・飲料/その他)

◎「清潔感はもちろんですが、ちゃんとシャツにアイロンがかかっているなど、身だしなみの基本をきちんとおさえている」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

◆ポイント2

サイズ

◎「その人の体形にきちんと合っている。ジャストサイズのスーツを着ているだけで、サマになっていてカッコいいです」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

◎「サイズが合っていないと、どことなく動きがぎこちなく見えてスマートさに欠けます。身体の動きに沿うようにスーツがしなやかに動いていると、こだわりを持って選んでいるのだと感じますね」(28歳/その他)

◆ポイント3

その人らしさがある

◎「スーツの生地が無地ではなく、さりげなく柄が入っていると、おしゃれな人だなと思う」(33歳/その他/事務系専門職)

◎「スーツに気を配るのは当然。シャツにもその人なりのこだわりがあると好感度がアップします。イニシャルなどの刺繍は、ふと見えたときにドキリとしてしまいます」(23歳/その他)

清潔感はビジネススタイルの最重要事項。誰もが気を配っているはずですが、スーツを着たときの身体の動きや生地の柄など、想像以上に細かいところまでチェックしていることが分かりました。女性の見る目は、的確でシビアですね。

女性から厳しい目を向けられる着こなしとは?
女性から厳しい目を向けられる着こなしとは?

さらに女性の目が厳しく光るのは、NGな着こなしに対してです。

●「自分の年齢や立場をわきまえた装いもビジネスマナーだと思います。若いのにやたらと高級なスーツを着る人はNGですね」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

●「ネクタイやシャツのデザインに凝りすぎるなど、無理におしゃれに見せようとしている人はどんなに仕事ができても残念な感じが漂っている」(29歳/医療・福祉/専門職)

●「スーツなのに靴がスニーカー風だったり、バッグがカジュアルなリュックだったり、ちぐはぐなコーディネート」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

●「スリムなスーツはカッコいいけれど、ぴちぴちして見えるのはNG。チェックやストライプなどの柄が派手で目立つスーツもビジネスシーンにそぐわない。どちらもナルシストっぽい!」(30歳/不動産/事務系専門職)

男性としてはこだわっているつもりのことが裏目に出ているケースもありそうですね。「着こなしがNGなスーツ男子とは関わりたくない」という正直すぎる本音も飛び出しました。

女性の本音 見出し画像2
スーツ選びの原点に戻り、理想のスーツを見つけよう
スーツ選びの原点に戻り、理想のスーツを見つけよう

誰もが「スーツをもっと上手に着こなしたい」と感じているはず。サイズやディテール、色など、自分にぴったりの1着があれば、ネクタイやシャツとのコーディネートが楽しくなりますし、その人らしさを感じさせる完璧な着こなしが完成します。

そのためには、「自分にはどんなデザインが似合うのか?」「ぴったりのシルエットは?」など、あらためてスーツ選びの基本に立ち返ることが大切です。オーダーメイドにチャレンジして、フィッターとじっくりと話し合いながら理想の1着を追い求めてみましょう。フィッターは、いわばスーツのプロ。さまざまなアドバイスももらえるはずです。

生地やボタン、シルエットのディテールといった細部に至るまで、すべてを自由にカスタマイズできるオーダーメイドのスーツは「世界でただひとつ」という特別感があることはもちろん、体形にもジャストフィット。外回りの機会が多いアクティブなビジネスマンにとって、「動きやすく、疲れにくい」というフィジカルなメリットもあります。

「いきなりスーツをオーダーするのはちょっと…」という場合は、スーツよりもリーズナブルなシャツのオーダーメイドから始めてみるのもおすすめですよ。

<2016年3月マイナビウーマン調べ
 22歳~34歳女性200名>

働く女性 見出し画像3