COLUMN

Column image
どうする? プレゼンや商談での装いビジネススタイルの基本をおさらいしよう
どうする? プレゼンや商談での装いビジネススタイルの基本をおさらいしよう
女性の本音 見出し画像1

人と会う機会の多いビジネスシーン。「初めてのお客さまにお会いする

おさえておくべきスーツの「色」「柄」「デザイン」
おさえておくべきスーツの「色」「柄」「デザイン」

例えば、新たなビジネスチャンスをつかむプレゼンや商談。男性も女性も、スーツやジャケットで臨むのは当然のことではありますが、普段、オフィスに出勤するときとは別の“勝負服”をスタンバイしておくと安心です。

ビジネスマナーにおける服装は、相手に不快感を与えないことが大前提。お客さまに会うときのビジネスファッションについて、基本に立ち返って考えてみましょう。

◆色は?
紺色、グレーなどのダーク系を。男性の場合、合わせるシャツやネクタイを選びませんし、女性もインナーによってさまざまなコーディネートが可能です。

◆柄は?
無地が定番ですが、ストライプやチェックといった柄入りのものでもかまいません。ただし、柄は目立ちすぎず、印象が控え目なものを選びましょう。

◆デザインは?
相手先の企業によってはトレンドを盛り込むほうが好印象を持たれる場合もありますが、まずおさえておきたい1着は、なんといってもオーソドックスなもの。幅広いお客さまに対応できるというメリットがあります。

色や柄、デザインは、シンプルであることが一番だといえるでしょう。ただし、そればかりにこだわると、まるで就職活動中の学生のような無難なスーツを選んでしまいがち。プレゼンや商談は、いわば所属する会社の「顔」としてお客さまと接するのですから、対等なビジネスパートナーとしての品格や誠実さを相手に印象づけられるスーツを選びたいものです。

自信を持ってスーツを着こなす為に
自信を持ってスーツを着こなす為に

そこでポイントとなってくるのが、スーツの品質やサイズ感です。ベーシックなものであればあるほど生地などの素材そのもので印象が変わってきますし、少しでも体型に合っていなければ、着こなしはどこか不恰好になってしまいます。

「運命の1着に出合いたい」というときは、オーダーメイドを検討してみては? つくる楽しさを体験できますし、こだわりを持って仕立てたスーツはかけがえのない1着になるはずです。

とっておきのスーツを手に入れたら、コーディネートを考えてみましょう。男性と女性、それぞれについてご紹介します。

◆男性は?
シャツは白色をチョイス。どんなシーンにも対応できる万能カラーといえます。無地の場合、清潔感のある薄いブルーなども。ピンク色などの暖色系はやわらかな印象がありますが、オフィシャルな場面にはそぐわないので注意。シャツのバリエーションとして、ストライプなどの柄入りもおすすめですが、スーツ同様、柄が目立ちすぎないものにしましょう。

着こなしの肝となるネクタイは、スーツやシャツの雰囲気とマッチさせることはもちろんですが、春夏はさわやかなブルーなどの寒色系、秋冬はえんじなどの温かみのある色といったように、季節感を意識してセレクトするのもいいですね。

◆女性は?
シャツは白色をチョイス。どんなシーンにも対応できる万能カラーといえます。無地の場合、清潔感のある薄いブルーなども。ピンク色などの暖色系はやわらかな印象がありますが、オフィシャルな場面にはそぐわないので注意。シャツのバリエーションとして、ストライプなどの柄入りもおすすめですが、スーツ同様、柄が目立ちすぎないものにしましょう。

ちなみに、ワンピースとジャケットのコーディネートの場合、フェミニンすぎる雰囲気のワンピースは避けるのが無難です。オフィシャルなビジネスの場面では、不適切といえるでしょう。アクセサリーも、華美なものはNGです。

女性の本音 見出し画像2
ビジネススタイルのコーディネートは、TPOをわきまえて
ビジネススタイルのコーディネートは、TPOをわきまえて

さらに、男性も女性も、バッグや靴まで抜かりなく。意外と細かいところまで見られていますから、手入れの行き届いたものを合わせましょう。ビジネススタイルで肝心なことは、「清潔感」と「品の良さ」です。この基本原則を守り、好感を持ってもらえる装いを完成させましょう。

ちなみに、ビジネスランチや接待など、お客さまとの交流を深めることが目的の会合の場合、自分なりのおしゃれに対するこだわりがあったり、ビジネスシーンでの立ち位置をわきまえた上であれば、個性を発揮したり、最新のトレンドを盛り込んでも。ネクタイの柄などの装いが糸口となって会話が広がることがありますし、趣味が合って意気投合ということもあるかもしれません。

相手にどんなふうに思ってもらいたいのか、自分をいかに見せたいのか。それを吟味し、ビジネススタイルを楽しんでみましょう。

<2016年3月マイナビウーマン調べ
 22歳~34歳女性200名>

働く女性 見出し画像3