FASHION COLUMN

オーダースーツの魅力って?
既製服にはない4つのポイント

01.COLUMN

オーダースーツと聞くと「わざわざ自分用に作ってもらう」というイメージが先行して、「値が張ってしまうのではないか?」と思ってしまいがちです。

本当にそうでしょうか?

ここでは、既製品にはないオーダースーツの嬉しい利点について紹介します。

実はリーズナブル?

大量生産する既製服は、何割かが残ってしまうとそれがセール品として販売されます。実は、売り出し当初の価格にはセールに流れてしまう損失をカバーできるだけの金額が設定されているのです。

オーダースーツは既製服と違い“売れ残り”がありません。そのため在庫や売れ残りの保管にかかる倉庫費用が掛かりません。さらにオーダーメイドは既製品と違い「売れ残りをセールで処分」する必要がありません。

このため、大量生産される通常のスーツ(2~5万円程度)と、スーツを1着オーダーメイドするのと金額はほぼ変わりません。

では、できあがったスーツの質はどうでしょうか?
これはもちろん、オーダーメイドのほうがグンと高品質な生地を使い、ジャストフィットしたシルエットのスーツを用意でき、きちんと手入れすれば何年も使い続けられるという魅力があります。こういったことから、コストパフォーマンスの点でもオーダースーツのほうが優れていると言えるでしょう。

自分にフィットしたスーツが作れる

既製品からスーツを選ぼうとすると、ジャケットは合うのにパンツが合わなかったり、またその逆が起こりがちです。これは標準的な体型を基準に作られていることが要因として考えられます。

体型は痩せていたり太っていたりなど人それぞれ違うものですし、スポーツの経験があったり、今現在スポーツをしていると、上半身と下半身でサイズが異なることはよくあります。そんな方は既製品の中から最適なスーツを選ぶことが大変難しいです。

オーダースーツならば、自分の体型に合ったスーツを作ってくれる為このようなトラブルはありません。

サイズの合っていないスーツは、ピシッとした印象がなく、少しだらしない印象を受けてしまいます。相手に好印象を与えるためにもフィットしたスーツを着用するほうが良いでしょう。

好きな生地が選べる

既製品はデザインと生地が全て決められているため、「デザインはいいけど生地が……」あるいは「生地は好きなんだけどこのデザインは……」ということが起こりがちですよね。

オーダースーツの場合は、まず生地から選び、そこからスーツを作る為そのようなことはまず起こりません。

生地もシンプルな物から、なかなか見ないような柄物まで揃っているので、じっくりと自分好みのスーツ作りが楽しめます。

専門家の細やかなアドバイスや気遣い

オーダースーツは、採寸もできるスーツに詳しいスタイリストがアドバイスしてくれるのも大きな魅力です。

お客さまにスーツを作り続けてきたプロとして、知識と経験を活かして用途に合ったスーツを考え、靴やネクタイといった小物までアドバイスしてくれますよ。

ぜひオーダースーツを考えてみてはいかがでしょうか?

「スーツが欲しいけどなかなか自分の体格や好みにあったものが見つからない」と言う場合は、ぜひオーダースーツを考えてみてはいかがでしょうか? 既製品と変わらない金額で満足のいくスーツ作りができるはずですよ。