COLUMN

夏を迎える前に知っておきたい!
クールビズに最適な革靴とは

革靴

いよいよ夏が近づいてきました。ビジネスパーソンたちの中でもクールビズが話題に挙がっている頃合いでしょう。
クールビズといえば、ノージャケット・ノーネクタイが定番です。

さて、靴はどういったものを選ばれていますか?

春や冬と同じ靴のままですか? それでは夏らしい恰好だとは言えません。今回は、クールビズに適したシューズの素材・色・デザインをご紹介します。

見た目が軽いスエード素材

秋冬で使用されるイメージの強いスエード素材ですが、スムースに比べカジュアルな印象になるので、クールビズに適していると言えるでしょう。色はこげ茶がお勧めです。こげ茶はグレー系やネイビー系と非常に相性がいいので、お手持ちのアイテムと合わせやすいでしょう。またスエード素材の靴はビジネスシーンだけではなく、デニムやチノパンとも相性がいいので、プライベートでも使うことが出来ます。お手入れも履いたらブラシでささっとホコリを落とすだけなので非常に簡単です。

ベルトにもこだわる!

靴とベルトの色を合わせるのは基本ですが、素材や質感も合わせることでより統一感が出ます。スムースレザーの靴にはスムースレザーのベルトを合わせたいですが、スエードの靴であれば、キャンバス素材や光沢感を抑えたマッドなものがいいでしょう。ブラック系だと揃えやすいですが、クールビズだと少し重たい印象を与えてしまうことがあります。明るい色のパンツも増えてきていますし、ブラウン系やネイビー系で揃えるのも良いかもしれません。

ローファーの種類

ビジネスシューズの定番といえば内羽根式のストレートチップですが、カジュアルなクールビズには「ローファー」もおすすめです。職場によってはNGかもしれませんが、素足に見える靴下と合わせて使えば、非常に涼しい印象になります。是非挑戦してみてください。

・ペニーローファー(コイン・ローファー)
ペニーローファーは、学生が通学時に使用する代表的なローファーです。甲の部分に切れ込みが入っています。昔のアメリカでは、この部分に1セントコイン(ペニー)を挿していたため、ペニーローファーと称されるようになったという説があります。今はペニーローファーとは呼ばず、単にローファーと呼ぶことが多いのですが、ビジネスパーソン向けのベーシックなローファーもペニーローファーがベースとなったデザインが主流です。

・タッセルローファー(タッセルスリッポン)
タッセルローファーは、甲の部分にふさ飾り(タッセル)が付いているローファーで、近年復活してきています。似たようなもので、エプロン状の生地が付いたキルトローファーと呼ばれるものもあります。どちらもワンポイントデザインが特徴ですが、上品でおしゃれな印象を与えます。

・ビットローファー
ローファー ビットローファーとは、甲の部分に馬具のクツワを模した金属の飾りが付いたものです。もともと、イタリアのGUCCIのものが有名で世間に知られるようになりました。ビットローファーは更にカジュアルな印象となります。

クールビズにとって、何より大切なのは清涼感と清潔感です。
無駄な装飾はなるべく避けてシンプルな装いを目指してみませんか。シンプルかつ綺麗な着こなしで、今年の夏をクールビズで過ごしてみるのはいかがでしょうか。