COLUMN

【明日からでも使える】夏場のネクタイの選び方

夏場のネクタイの選び方

夏が近づいたこともあり、半袖ワイシャツ+ノーネクタイ・ノージャケットのクールビズ姿の方がちらほらと見られるようになりました。そうした一方、会社の規則や雰囲気でネクタイを着用されている方もいることでしょう。

せっかくネクタイを締めるのでしたら、周りに好印象を与えるオシャレなネクタイを着用してみてはいかがでしょうか。

今回は、夏場にオススメなネクタイの選び方を見ていきます。

クールビズにネクタイはいらない?

クールビズの期間に入るとノーネクタイが基本となります。ですが、ビジネスの世界では身だしなみが重要視されるのは周知の事実です。
特に営業の方は、自身が置かれた環境や関係する会社の状況によってネクタイを着用する必要がでてくるでしょう。
例えば、以下のような場合はそれに当たるかもしれません。

  • 初めて訪問する会社に訪れる時
  • クールビズを推奨していない会社への訪問時
  • クールビズ対応が不明な会社への訪問時
  • 取引先への訪問時、上司がネクタイを着用している時

実際にネクタイを着用することになった時、夏用にネクタイを持っているほうが良いでしょう。それでは夏に合うネクタイの色や模様について見ていきます。

夏用ネクタイの選び方

・色合い
暑さを感じる夏では、どことなく涼しさや清潔さを印象付ける青系のカラーをオススメします。赤などの暖色系を利用してしまうと、相手が暑さを覚えてしまうかもしれませんね。単に青系といっても、水色に近いものからダークブルーと言われる少し暗めの色まで種類が豊富です。シャツの色との相性で選ぶのも良いかもしれません。
またネクタイの柄にもよりますが、ワンポイントで白色が入っていると清涼感が増すのでご参考ください。

・柄や模様
ネクタイの柄や模様において、夏の定番となっているのが「ドット」です。いわゆる水玉模様の柄のことで、水玉のサイズも小さいほうからピンドット・ポルカドット・コインドットの3つに分けられています。また異なるサイズの水玉が組み合わされたものをシャワー・スポットと呼びます。ご自身の好みに合わせて選ばれてはいかがでしょうか。

・素材
夏にピッタリなネクタイの素材はリネン(麻)です。汗を吸い取ってくれますし、素早く乾いてくれます。抗菌の面や消臭性にも優れているため、使い勝手が良いでしょう。ただカジュアルの印象が強くなってしまうので、事前に会社の雰囲気に相応しいか確認されると良いかもしれません。
また反対にウールは避けたほうが良いです。ウールは重厚感があり、基本的に秋冬用という印象が強くなっています。

夏用ネクタイの選び方

クールビズを推奨している会社に勤めている場合、ネクタイを着用していると社内で少々浮いて見られることがあるかもしれません。しかし、ファッションにおいて他の方よりも目立っているということは悪いことではないはずです。

今回紹介した夏用のネクタイで、明日からビシッと決めてみるのも良いのではないでしょうか。