COLUMN

夏に相応しいスーツの選び方、3つのポイント

裏地の種類も重要

冠婚葬祭などをはじめ「夏場にスーツを着る」機会は、意外に多いかもしれません。
ですが、正直なところ夏にスーツを着るのは辛いでしょう。少しでも暑さを改善するためには、夏用のスーツの選び方が大切です。

今回は、夏場のスーツの選び方について注目しました。まだ夏用スーツを用意されていない方は、以下の3つのポイントを参考になさってください。

夏用スーツの生地は素材が重要

夏場は暑さを感じたり、汗をかいたりすることが多いです。その上で夏場のスーツの選び方で最も重要なことは着心地と言えるでしょう。
スーツの着心地を決めるのは何と言っても素材です。暑い夏を涼しく過ごすために夏向きの素材を以下にまとめました。

  • モヘア
  • シアサッカー
  • ジャージー
  • サマーウール
  • リネン(麻)

おすすめ① リネン
リネンは放熱性や放湿性にも優れた夏に着るのに相応しい繊維です。シャツの素材もリネンで揃えれば抜群の涼しさになります。しかし、独特の毛羽立ちやシワが生じやすいためカジュアルな印象になりやすいです。さらっとした着心地を求める方や、会社の規則が厳しくない方は取り入れてみては如何でしょうか?

おすすめ② モヘア
商談などかっちりした場所で利用される際には、モヘア素材のスーツを選ばれると良いでしょう。特にウールとの混紡の場合、お互いの毛の質が異なることから隙間が生じて通気性に優れます。熱伝導性が低くクールな触り心地かつ、見た目にも光沢が強い素材のため、暑いけれどかっちりと決めたい時にうってつけです。

おすすめ③ シアサッカー
カジュアルな雰囲気にしたいならシアサッカー素材もおすすめです。素朴な素材感と通気性がよく軽い着心地が特徴です。黒やネイビー等夏には重くなりがちなカラーでも、シアサッカー素材の物であれば独特の雰囲気があるのでさらっと着こなすことが出来ます。

平織仕様がポイント

スーツの生地がどのように織られているかという点も夏用を見分けるポイントです。生地の織り方は「平織」「綾織」「朱子織」の3つが一般的で、その中で夏の衣服によく利用されるのは平織です。

平織はシンプルな織り方で、糸同士の密度が低いために空気をよく通します。見分け方のポイントは、模様が左右対称となっていることです。

参考として紹介すると、綾織は糸の交差部分が斜めに現れて、朱子織は縦糸か横糸のみしか表面に現れませんので区別がつきやすいはずです。

裏地の種類も重要

夏用のスーツは裏地にも特徴があります。裏地は、スーツの型くずれを防ぐ働きだけではなく、吸汗性や袖に腕を通した時の滑りの良さを求められた部分です。一般的に「総裏」「背抜き」「半裏」「大見返し」という4つの種類に分かれます。

・総裏
総裏は、背中面全てに裏地が貼られているスタイルです。欧米では、季節に関わらず総裏が採用されることが多いです。

・背抜き
背抜きは、背中の上部から腰付近までの裏地を抜いてある仕様のことを指します。特に日本ではよく用いられる仕立てです。

・半裏
半裏は、背抜き仕様の状態からさらに脇腹部分の裏地を省いた仕様です。

・大見返し(アンコン)
裏地をほとんど使用せずに、表地の面を多くすることを大見返し仕様と言います。また裏地だけではなく肩パッドや芯地(しんじ)も使用しない仕様はアンコン仕立てと呼ばれます。

裏地の種類も重要

季節に合わせてスーツを上手に着こなすことで、周りの方に良い印象を与えることでしょう。

ただ、夏場は臭いやシワにも注意が必要です。しっかりと消臭やシワ取りを行って、清潔感を保ってください。

本格的な夏を迎える前に、一度お店に足を運ばれて実際にスーツを探されてはいかがでしょうか。